• 新東京総合法律事務所
  • 新東京総合法律事務所

弁護士紹介

弁護士

木谷明弁護士

木谷 明 / Kitani Akira 15期

 

1937年 神奈川県平塚市に生まれる

1956年 神奈川県立平塚江南高校卒業

1961年 東京大学法学部卒業

1961年 最高裁判所司法研修所入所

1963年 判事補任官,東京地裁判事補

1966年 最高裁判所事務総局刑事局付き

その後、札幌地裁判事補・同高裁判事職務代行、東京地裁判事補、同地裁判事、名古屋地裁判事、同高裁判事職務代行を経て、

1979年 最高裁調査官

1984年 大阪高裁判事

1988年 浦和地裁判事・部総括

その後、東京高裁判事、同家裁判事(少年部所長代行)、水戸家裁所長、同地裁所長を経て

1999年 東京高裁判事部総括

2000年 退官、公証人拝命(霞ヶ関公証役場)

2004年 公証人退職、法政大学法科大学院教授

2012年 同退職

2012年 弁護士登録

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【主な著作】

『刑事裁判の心(新版)』(法律文化社,2004年)

『事実認定の適正化』(法律文化社,2005年)

『刑事事実認定の基本問題』(成文堂,2008年)(編著)

『刑事事実認定の理想と現実』(法律文化社,2009年)

『刑事裁判のいのち』(法律文化社、2013年) 

『「無罪」を見抜く-裁判官・木谷明の生き方』(岩波書店、2013年)

 

【最近の活動:テレビ・講演】

2012年

  4月  8日 NHK『クローズアップ現代』 揺らぐ死刑判決~検証・名張毒ぶどう酒事件~(出演)

  4月14日 NHK ワンセグ2『モバイル週刊ニュース』 100日裁判員裁判で判決 裁判員の負担は(木嶋裁判)

  4月15日 TBS『サンデーモーニング』

  4月15日 NHK『NHKスペシャル 木嶋被告100日裁判 』

  5月25日 NHK『ニュース7』

  5月31日 名古屋テレビ『赤い毒~毒ぶどう酒事件 再審の扉~』(名張事件)

  6月  1日 東海テレビ 電話インタビュー

  6月  7日 NHK『クローズアップ現代』東電OL殺人事件(出演)

  6月  7日 テレビ朝日『報道ステーション』

  6月  8日   TBS『NEWS23クロス』

  6月  8日   TBSラジオ『Dig』

  6月17日 朝日新聞記事掲載『なくせ冤罪・ひらけ再審6・16市民集会』(周防監督との対談)

10月14日 NHK『ETV特集「永山則夫 100時間の告白」~封印された精神鑑定の真実~』

10月31日 TBSラジオ『Dig』

 

2013年

  9月24日 NHK『クローズアップ現代』可視化はどうあるべきか ~取り調べ改革の課題~

 

2014年

  4月  3日 NHK『クローズアップ現代』埋もれた証拠 ~“袴田事件”当事者たちの告白~(出演)

 

2015年

10月23日 テレビ朝日『報道ステーション』(東住吉事件・コメント)

10月27日 TBS『ひるおび』ひるおびハテナ?(東住吉事件・スタジオ出演)

2016年

7月15日   J-WAVEラジオ『JAM THE WORLD』

9月18日   テレビ朝日『テレメンタリー2016』(東住吉事件)

 

 

【最近の活動:新聞・雑誌】

2014年

  5月21日  東京新聞・26面(裁判員裁判制度)

  5月24日  週刊現代5月24日号52頁

  6月     法学セミナー6月号34頁「人質司法について」

  6月15日  朝日新聞埼玉版・29面(勾留却下率上昇に関するコメント)

10月  9日  産経新聞・27面(産経新聞前ソウル支局長在宅起訴事件)

12月  9日  京都新聞・1面(痴漢容疑否認事件勾留取消)

 

2015年

  1月18日 毎日新聞長野北信版・26面(列車内窃盗再審請求棄却に対する異議申立事件)

  2月28日 朝日新聞・34面(強姦事件再審開始決定)

  4月30日 朝日新聞・33面(黙秘権に関するコメント)

  6月  5日 読売新聞・12面(GPS捜査に関するコメント)

  6月  8日 東京新聞・3面(袴田事件)

10月  8日 朝日新聞夕刊大阪版・11面(元神戸市議の再審決定)

10月23日   毎日新聞夕刊・15面(東住吉事件)

10月27日   朝日新聞・39面(東住吉事件)

11月13日   毎日新聞夕刊・9面(尼崎連続変死事件)

12月19日   朝日新聞・39面(裁判員判決による死刑執行に関するコメント)

 

2016年

  1月13日   毎日新聞・3面(鹿児島強姦事件)

  1月13日   読売新聞・36面(鹿児島強姦事件)

  1月19日   朝日新聞夕刊・11面(大阪難病女児衰弱死事件)

  2月27日   朝日新聞・34面(大阪乳児暴行死事件)

  3月  2日   日本経済新聞夕刊・15面(GPS捜査に関するコメント)

  3月15日   読売新聞・39面(GPS捜査に関するコメント)

  3月16日   朝日新聞・31面(姫路郵便局強盗再審事件)

  4月  6日   東京新聞・31面(今市事件)

  4月  7日   朝日新聞・31面(わいせつ罪公判一部非公開に関するコメント)

  4月  9日   東京新聞・22面(今市事件)

  4月21日   読売新聞栃木版・33面(今市事件)

  4月26日   朝日新聞・2面(ハンセン病隔離法廷に関するコメント)

  7月  1日   毎日新聞・7面(松橋事件)

10月  4日   朝日新聞・29面(九頭竜湖事件)

11月16日   朝日新聞・19面(オピニオン&フォーラム 冤罪なくすには)

11月29日   朝日新聞・37面(美濃加茂市長控訴審判決に関するコメント)

 

2017年

  2月11日   東京新聞(沖縄平和運動センター山城議長勾留に関するコメント)

  2月14日   朝日新聞大分版(豊後高田市放火殺人事件裁判員裁判)

  3月29日   朝日新聞・7面(教えて!「共謀罪」パート2)

  4月15日   朝日新聞・34面(問う「共謀罪」元刑事裁判官の弁護士に聞く)

  5月31日   朝日新聞夕刊(公判調書の正確性を問う書記官の証人尋問実施に関するコメント)

  6月16日   朝日新聞・3面(共謀罪)

  6月17日   東京新聞・24面(共謀罪)

  7月18日   朝日新聞夕刊・2面(共謀罪)

  8月23日   朝日新聞・28面(名古屋大学女子学生殺人事件控訴審)

 

【ひとこと】

刑事裁判における最大の不幸である冤罪の防止・撲滅に向けて微力を尽くしたい。

代表

佐藤博史弁護士

佐藤 博史 / Sato Hiroshi 26期

 

1948年 島根県に生まれる

1967年 広島県私立修道高等学校卒業

1971年 東京大学法学部卒業

同年 東京大学法学部助手

1972年 最高裁判所司法研修所入所

1974年 弁護士登録

1988年 千葉工業大学理事・評議員

1994年 司法試験考査委員(刑法)

1999年 東京簡易裁判所調停委員

2000年 東京簡易裁判所司法委員

2004年 東京大学法科大学院客員教授

2007年 早稲田大学法科大学院教授、東京大学法科大学院非常勤講師

 

そのほか、横浜国立大学経済学部非常勤講師、法政大学法学部非常勤講師、東京都立大学法学部非常勤講師を歴任。

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【主な著作】

『刑事弁護の技術と倫理-刑事弁護の心・技・体』(有斐閣、2007年)

『目で見る 刑事訴訟法教材 第2版』(共著)(有斐閣、2009年) 

『訊問の罠-足利事件の真実』(共著)(角川書店、2009年)

 

【ひとこと】

Do your best and leave the rest to Providence(人事を尽くして天命を待つ)が私のモットーです。

弁護士

村上詩織弁護士

村上 詩織 / Murakami Shiori  65期

 

1984年 京都府に生まれる

2003年 千葉県立東葛飾高等学校卒業

2007年 慶應義塾大学法学部卒業

2010年 早稲田大学法科大学院修了

2012年 弁護士登録

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【ひとこと】

「身近に感じていただける弁護士」を目指し、依頼者の皆さま一人一人に対し、細やかなサポートを行うことを心掛けております。是非お気軽にご相談ください。

弁護士

小池 哲朗 / Koike Tetsuro  66期

 

1985年 埼玉県川越市に生まれる

2004年 早稲田大学高等学院卒業

2008年 早稲田大学法学部卒業

2011年 早稲田大学法科大学院修了

2014年1月 弁護士登録

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【活動】

第二東京弁護士会刑事弁護委員会 委員

えん罪救済センター Innocence Project Japan 運営委員

早稲田大学大学院法務研究科 アカデミックアドバイザー

 

【ひとこと】

法律問題に対する最良のサービスの提供は勿論ですが、依頼者の皆様が抱える精神的不安やお悩みの解消といった

「心のケア」にも尽力することで、本当の意味での解決を目指します。どうぞ,お気軽にご相談ください。

弁護士

大村 典央 / Omura Norio  67期

 

1975年 静岡県に生まれる

1994年 静岡県立沼津東高等学校卒業

2000年 千葉大学法経学部法学科卒業

2013年 法政大学法科大学院修了

2014年 弁護士登録

 

 【所属】第二東京弁護士会

 

【職歴】2000年~2011年 不動産開発会社に勤務

 

【ひとこと】

これまでの社会経験を活かし、依頼者のニーズに沿った解決案をご提示できるよう努力します。民事は不動産、相続、企業法務など、刑事は犯罪被害者支援などに関心を持っています。

弁護士

平塚晶人弁護士

平塚 晶人 / Hiratsuka Akihito  68期

 

1965年 北海道室蘭市に生まれる

1983年 青森県立八戸高等学校卒業

1987年 東北大学法学部卒業

2013年 早稲田大学法科大学院修了

2015年 弁護士登録

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【職歴】

1987年~1991年 株式会社リクルートに勤務

1992年~1993年 株式会社光文社に勤務

1994年~2010年 フリーランス・ライター

 

【主な著作等】

「走らざる者たち」(文藝春秋Numberスポーツノンフィクション新人賞 1996年)

『地図の読み方』(小学館、1998年)

『サクラを救え』(文藝春秋、2001年)

『空っぽのスタジアムからの挑戦』(小学館、2002年)

『ふたりのアキラ 美枝子の山』(文藝春秋、2004年)

『山岳地形と読図』(山と溪谷社、2005年)

 

【ひとこと】

依頼者の声にとことん耳を傾け、最善の解決に尽力します。刑事弁護はもちろん、家事事件にも関心を持っています。

弁護士

櫻井唯人弁護士

櫻井 唯人 / Sakurai Yuito  68期

 

愛知県豊橋市に生まれる

愛知県私立滝高等学校卒業

早稲田大学政治経済学部政治学科卒業

2013年 早稲田大学法科大学院修了

2015年 弁護士登録

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【職歴】四谷学院講師(現代文・小論文)、市進学院講師

 

【ひとこと】

依頼者の皆さまのお力になれるよう、すべてのご依頼に情熱をもって、全力で取り組んで参ります。

一緒にベストな解決を!!何でもご相談ください。

オブカウンセル

寺崎 嘉博 / Terasaki Yoshihiro

 

1951年 熊本県に生まれる

1981年 北海道大学大学院博士課程単位取得満期退学〔1993年博士(法学)(北海道大学)〕

同年 北海道大学助手

1982年 山形大学講師(1984年同助教授、1994年同教授)

1995年 筑波大学教授 

1999年 司法試験考査委員 

2003年 早稲田大学教授 

2009年 弁護士登録 

 

【所属】第二東京弁護士会

 

【主な著作】

『訴訟条件論の再構成』(成文堂、1994年)

『(有斐閣アルマ)刑事訴訟法』(共著)(有斐閣、初版2001年、第2版2005年、第3版2008年)

『判例演習 刑事訴訟法』(共編著)(成文堂、2004年)

『刑事訴訟法』(成文堂、初版2006年、第2版2008年)

『刑事訴訟法講義』(編著)(八千代出版、2007年)、など。 

 

【ひとこと】

誠実で、丁寧な仕事を心がけています。

新東京総合法律事務所へのお問合せ